PAJ 印刷工業会

お問い合わせ


ホーム > 団体紹介 > 会長挨拶

会長挨拶

印刷工業会は、「印刷産業の総合的発展と会員相互の融和親睦を図る」ことを目的に、昭和27年に東京印刷工業会として設立され、昭和45年の全国組織化を機に現在の名称となりました。今年度70周年を迎える歴史ある団体です。

 

近年、AI、IoT、DXなどの技術革新への俊敏な適応と、環境保護や社会貢献活動、企業倫理の確立などへの確固とした対応が企業に求められており、我々印刷産業においても喫緊の課題となっています。こうした中、当工業会は「印刷を魅力ある業界に」の思いを忘れることなく、産業構造の変革と新たな価値創造に視線を注ぎながら、社会からより一層信頼される産業となることを目指します。

 

現在、注力している活動は二つです。

一つ目は、専門分野ごとに組織された12の部会活動と、課題をより特化した分科会活動です。会員各社の相互協力により、個社では容易でない行政や関係団体との連携をはじめ、共通のテーマを取り上げたセミナー・勉強会の開催、先進事例をもつ企業体等への見学会などを積極的に行い、業界全体の課題解決と「進むべき道」を探る活発な議論の場として情報を発信しています。

二つ目は、印刷関連10団体が加盟する一般社団法人日本印刷産業連合会の一員として、その活動を支えることです。理事・委員の派遣、諸事業への協力を通じ、印刷産業の発展と社会貢献を目指して協働しています。

 

新型コロナウイルスが国内外の経済に与える影響は過去に例を見ない甚大なものになっており、印刷産業においても、紙媒体の縮小傾向や環境・物流・人財育成などの諸課題に加え、大変重い経営課題となっております。

こうした状況にあっても、当工業会は、臆することなく皆様とともに考え、行動してまいります。より一層のご支援とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

                                           会長 藤森 康彰

ページトップへ戻る